My Page
   
デンタル 太郎 様 デンタルブックは、情報配信型電子書籍です。ご登録いただたメールアドレスには「改定情報」「歯科ニュース」が定期的に配信されます。
   
━━━━━━━━━━━・・・
デンタル書庫|症例研究(追加)(2024.07.16)
━━━━━━━━━━━・・・
デンタル書庫|症例研究の項に 「抜髄時の麻酔薬剤料とNi−Tiロータリーファイルを用いた加圧根管充填処置」 (今次改定で抜髄と生活歯髄切断(生切)において麻酔薬剤料の算定ができるようになった。また手術用顕微鏡加算(手顕微加)の届出を行っていない医療機関も算定ができるようになったNi−Tiロータリーファイル加算およびCAD/CAM冠用材料によるエンドクラウンを装着した場合の症例について解説する。)1症例を追加しました。

━━━━━━━━━━━・・・
デンタル書庫|診療ガイドライン(追加)(2024.07.16)
━━━━━━━━━━━・・・
デンタル書庫|診療ガイドラインの項に、「保険診療におけるCAD/CAM冠の診療指針2024(日本補綴歯科学会)」を追加しました。

━━━━━━━━━━━・・・
デンタル書庫|症例研究(追加)(2024.06.15)
━━━━━━━━━━━・・・
デンタル書庫|症例研究の項に 「新設されたエナメル質初期う蝕管理料と外安全1・外感染1」 (かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)を届け出た医療機関が算定することができたエナメル質初期う蝕管理加算(260点)が廃止され、エナメル質初期う蝕管理料(Ce管・30点)が新設された。)1症例を追加しました。

━━━━━━━━━━━・・・
デンタル書庫|保険診療Q&A(追加)(2024.06.07)
━━━━━━━━━━━・・・
デンタル書庫|保険診療Q&Aの項に 「Q265 CAD/CAM冠、CAD/CAMインレー装着について 」(第一大臼歯または第二大臼歯に、CAD/CAM冠、またはCAD/CAMインレーを、装着する場合の算定要件について解説して欲しい。) 1項目を追加しました。
(参考1)として、「5つの具体例|CAD/CAM冠、CAD/CAMインレー装着について」が収載されています。ご利用ください。

━━━━━━━━━━━・・・
デンタル書庫|疑義解釈(追加)(2024.06.07)
━━━━━━━━━━━・・・
デンタル書庫|疑義解釈の項に、疑義解釈資料の送付について(その5)「領収証及び明細書関係」疑義解釈資料の送付について(その6)「口腔管理体制強化加算」「在宅医療DX情報活用加算」「機械的歯面清掃処置」「金属歯冠修復」「光学印象」「周術期等口腔機能管理料(Ⅰ)、周術期等口腔機能管理料(Ⅱ)」「回復期等口腔機能管理計画策定料、回復期等専門的口腔衛生処置」疑義解釈資料の送付について(その7)「歯科技工士連携加算、光学印象歯科技工士連携加算、歯科技工加算」を追加しました。

━━━━━━━━━━━・・・
デンタル書庫|診療ガイドライン(追加)(2024.06.03)
━━━━━━━━━━━・・・
デンタル書庫|診療ガイドラインの項に、「顎関節症初期治療診療ガイドライン2023改訂版(日本顎関節学会)」、及び「インプラント義歯装着者の機能評価のガイドライン(日本顎口腔機能学会)」を追加しました。

━━━━━━━━━━━・・・
デンタル書庫|多くの付箋がつくコンピュータチェック事例(更新)(2024.06.01)
━━━━━━━━━━━・・・
社会保険診療報酬支払基金の5月30日事例情報公開に伴い、デンタル書庫|審査情報提供事例・審査の差異の可視化レポートの頁、多くの付箋がつくコンピュータチェック事例の項に、「一般名処方加算1(処方箋料)、一般名処方加算2(処方箋料)」「一般名処方加算1(処方箋料)1」「一般名処方加算1(処方箋料)2」「歯周病処置(1口腔1回につき)」の4事例を追加しました。

   
 
 
 
現在の登録情報を確認したり、登録内容を変更できます。以下に記載したようなときに [ 会員情報を確認 / 登録変更 ] ボタンをクリックしてください。
1. ログイン「パスワード」を自分が使いやすいものに変更する。
2. 登録メールアドレスを変更する。
3. 住所・電話番号など会員情報を変更する。
4. デンタルブック会員の契約期間を確認する。
 
 
デンタルブック会員期間延長を希望される方は、[更新申込手続き]ボタンをクリックして、次にお進みください。
 
 
 
閲覧したい診療報酬改定年度に戻って「保険解説」「症例解説」他コンテンツをご利用いただけます。
|操作方法|
ご希望の改定年度を プルダウンメニューから選択します。指定した改定年度に、コンテンツは入れ替わります。

(注)変更した改定年度のコンテンツを閲覧中に MyPage に戻り、「編集室からのメッセージ」及び「歯科ニュース / 改定情報」欄の各記事をクリックし閲覧した場合は、その後表示されるコンテンツは、最新年度(2022年度4月改定)に戻ります。

 
 My Page


PAGE TOP